このページは、旧Binbo-Specialです。ちょっとずつ精査しながらコンテンツ移行中・・・・・現在のBinbo-Specialはこちら。
HOME > 技術資料 > PHP > GoogleCalendarからデータをゲットしてみる
スポンサード リンク
 
 
 
 
 
 

GoogleCalendarからデータをゲットしてみる

登録はGoogleCalendarで!閲覧は他サイトのデザインで!

・・・・・っていうようなことがしたい人もいるんじゃないかなーって思う訳です。

どこかの社長「スケジュール登録して、うちのサイトの中に表示させてくんない?」
みたいなこと言われた時に、
開発側「んじゃあシステム一式5000万円です」(嘘)
なんて言ったら、
どこかの社長「それじゃあ高すぎるよ!5円でやってよ!5円で!」
って言われた時に、じゃあせめて面倒くさい登録画面はGoogle様のカレンダーを拝借してしまおう、なんていう良く分からないシーンに遭遇した時に良いのではないかと。


その1:Googleのアカウントを取得する

当たり前すぎる事を書いたせいで、差し歯が取れました。

その2:GoogleCalendarで適当にカレンダーを作成してみる

GoogleCalendarは、この辺から、
「マイカレンダー」の「作成」に進み、カレンダー名とかその辺りをちょちょちょいっと入力。

「このカレンダーを一般公開する」ってのにチェックを入れないと、外からデータが取れなそうな気がするのですが大丈夫。見られて感じるタイプでなければ、チェック入れなくてOKOK。

その3:カレンダーのデータ取得用アドレスをゲット

「マイカレンダー」の「設定」に進み、↑で作ったカレンダーをクリック(ソフトに)。

下の方に、「限定公開URL」なんて欄があります。
ここの「XML」をクリックすると、URLが出てきますので、これをどこかに保存。

これがあれば、一般公開してなくてもデータが見れちゃう、ということですね。

ちなみに、ここで取得できるURLは、
http://www.google.com/calendar/feeds/[ユーザーID]/private-[magicCookie]/basic
てな感じのもので、ユーザーIDとmagicCookieは後で使います。

その4:あとはこのXMLデータを使って煮るなり焼くなりマヨネーズであえるなり仕上げにごま油をひとまわししてつやを出すなり

ここにきて随分不親切なh2タグだなぁなんて我ながら思うので、simplexml辺りを使ったサンプルを。。。

Yahooのカレンダーも考えたけど、個人的な好みの問題でGoogle。ていうかどうしてもYahoo好きになれないんだよなぁ。
このサイトも圧倒的にGoogle経由で来てくれる方が多いし。Yahooあんまし引っかかってくれないし。いじけちゃいますよ???という非常に幼稚な発言を繰り出してみました。

2009/04/07

関連項目

CodeIgniter

Smarty

▲一番上へ

ゲーム
技術資料
普段思った事をつらつらと
カスコンテンツ