このページは、旧Binbo-Specialです。ちょっとずつ精査しながらコンテンツ移行中・・・・・現在のBinbo-Specialはこちら。
HOME > 技術資料 > EC-CUBE > CPIにEC-CUBE2系をインストールした時のメモ
スポンサード リンク
 
 
 
 
 
 

CPIにEC-CUBE2系をインストールした時のメモ

EC-CUBEの2系をCPIで使ってみようのコーナー

寒空の中、皆さんいかが暑苦しくお過ごしでしょうか?

今回は、CPIにEC-CUBEの2系をインストールした時のメモをつらつらと残しておこうかと思います。いやいや中々どうして苦戦したもので。


EC-CUBEがバージョン2系になってUTF-8に!!

ええ、そういうことなんですよ。
時代的にはUTF-8化されるというのは、ごく自然なことだと思いますし、大いに結構なのではないかと思うんですが、CPIのデータベースはMySQLもPostgreSQLもEUCなんですよね。

てなわけで、色々やったわけですが、今度またCPIにEC-CUBEを入れる機会があるかも知れないので、備忘録です。

どんきーさん(管理人)の手順

おかしな所があったらごめんちゃい

EC-CUBEの最新版をゲット!

まあそりゃそうだ。EC-CUBE本家サイトからダウンロードして解凍しましょう。

WEBサーバにアップロード!

気合いを入れてアップしましょう!
解凍すると、htmlとdataディレクトリがありますので、
htmlディレクトリの中身を、DocumentRootに(CPIの場合、FTPでログインした html ディレクトリ)
dataディレクトリは、FTPでログインして一番上の階層にdataディレクトリごとアップ。

html/install/temp ディレクトリは、パーミッションを 777 にしておく。

.htaccess 書き換え

CPIはPHPを動かすために、.htaccess に記述を追加しなければいけない、というのと、php_valueとかがダメみたいなので、以下のみにして、php_value等の項目は後でphp.iniを作って直接設定します。

そしてそして、さらにこの.htaccessを、以下のディレクトリにも置いてちょ、とのことです。
/data/
/html/admin/
/html/admin/design/
/html/admin/mail/

php.ini を作る

CPIのコントロールパネルにログインし、「お客様情報タブ」→「プログラムのパスとサーバの情報」から、「PHP iniの設定情報」という所を探し、「PHP 5.2.4」をクリックすると、php.iniの中身が出てきますので、ごっそりコピーして、DocumentRootに「php.ini」というファイル名で保存。
かつ、以下の箇所を書き換え。

output_buffering = Off → output_buffering = 4096
;output_handler → output_handler = mb_output_handler
magic_quotes_gpc = On → magic_quotes_gpc = Off
mbstring.http_input = auto → mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On → mbstring.encoding_translation = Off

前準備として、郵便番号DB取り込み周りの文字コード問題を解決しておく

これが厄介。
郵便番号マスターCSVファイルはUTF-8なんで、そのままDBにINSERTしようとするEC-CUBEのデフォルト設定では、波ダッシュ?全角チルダ?で引っかかってエラーになってしまう、という問題があるので、以下の修正をしておきます。

/data/class/pages/admin/basis/LC_Page_Admin_Basis_ZipInstall.php の、105行目あたりの、

これを、以下に修正。

さらに、もう一か所書き換えます。
/data/class/SC_DbConn.php の69行目あたりにある、
$this->conn = $objDbConn;
の下に以下の記述を追加。

ついにインストール!

http://貴方の素敵な煌びやかなURL/install/
にアクセスして、ウィザードに従ってインストールを進めます。

しかし、データベース作成時にエラーが出てしまいます。
例の波ダッシュ?全角チルダ?関連でエラーが出てしまっているのですが、一旦無視することに。
「データベースの初期化をしない」にチェックを入れて進んでしまいましょう。

さあ、これで完了です!!!・・・・が?

管理画面にログイン出来ない!

どうもデータベース作成時のエラーによって、管理者情報がDBに登録されなかったようです。うーん。

仕方ないので、phpPgAdminから、ダイレクトに管理者のレコードを追加してあげましょう。

insert into dtb_member(name, department, login_id, password, authority, del_flg, creator_id)values('kanrisha', 'admin', '[ここにID]', '[ここにパスワード]', '0', '0', '0');

こんな感じで。
ちなみに、パスワードには、ハッシュで暗号化したパスワードを入れること。これで本当に完了。。。なはず。運用していくうちに何かしないといけない事が発覚したら追記するかもしれません。

「暗号化したパスワード?なんのこっちゃ?」という方へ

以下のphpプログラムをサーバにアップして、表示結果(SQL)をphpPgAdminとかから実行してください。
※AUTH_MAGICの値は必要に応じて「data/mtb_constants_init.php」の中身を見て確認・変更。

2010/06/14

関連項目

以下はバージョン1系の時の記事なので古いかも・・・・・?

▲一番上へ

ゲーム
技術資料
普段思った事をつらつらと
カスコンテンツ